読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しやることリスト|転居が決まってから当日までの準備ガイド

引っ越しが決まったその日から、転居当日までの準備をまとめたやることリストです! 不動産の解約に引っ越し業者の手配。住民票や印鑑登録など役所での手続き。電気、ガス、プロバイダの住所変更。そして、荷造り梱包…。手順を追ってわかりやすくナビゲートします!

引っ越し やること

引っ越しやることリスト 引っ越しはやることが、たくさん! そこでこのサイトではおよそ1ヶ月前から引っ越し当日までの準備や手順をやることリストにまとめました。

引っ越しが決まり次第やること

  • 賃貸の場合、不動産業者に解約の連絡
  • 引っ越し業者の手配 料金交渉で不利になったり、希望日が予約で埋まっているという事のないように、はやめに引っ越し業者は手配するようにしましょう。

1ヶ月前までにやること

  • 不用品処分
  • プロバイダの引っ越し手続き

およそ1~2週間前

  • 転出届など役所での手続き
  • 電気、電話、ガスなど公共料金の住所変更。郵便物の転送手続き
  • 荷造りや梱包は引っ越し業者から段ボールが届き次第スタート。なお、らくらくパックのような梱包サービスを利用している場合は不要です。

前日~1週間前

  • 近所への挨拶
  • 荷造り・梱包

引っ越し当日

  • 簡単な掃除
  • 不動産管理業者との立会い

役所での各種手続きと、その手順

引っ越しにはやることがたくさんありますが、公的なサービスに関わる重要なものについては手続き先が役所に集中しています。そこで不足の無いように、まとめて行ってしまう必要があります。

まず役所で最初に行う事となる転居手続きは、転出届の提出です。概ね転居の2週間前頃から行う事が可能で、この手続きで発行される転出証明書が後の手続きにおいて必須となるので、やることの端緒となる訳です。手続きには印鑑が必要となるので、持参が必須となります。 この後のやることは順不同ですが、国民健康保険や年金の手続き・印鑑登録の廃止・児童がいる場合の転校手続き・ペット(特に犬)の登録変更等が該当します。持っていくものとしては国民健康保険証・年金手帳・印鑑登録証等が其々に必要となる為、先の印鑑と共に持参する必要があります。ただしこれらの手続きの中には、自治体によっては転出届の提出と共に自動廃止とする方法を採用している場合があり、必要で無い事もあります。よって自治体ごとの詳細については、問い合わせ等での確認を要します。

引っ越しが完了した後にやること、手続き

その後、実際に引っ越しを終えた後は転居先でやることが必要となります。まずは転出証明書と共に転入届を提出し、転出先で廃止となった登録に関するものを再提出して回復して行く事がやることとなります。少なくとも印鑑・転出証明書・年金手帳は必須となるので、持っていくものとして忘れないように注意すべきです。

引っ越しが完了した後にやることはどのようなことがあるでしょうか?まずしなくてはいけない手続として大切なのは ライフラインの手続きです。水道、電気、ガスを止める手続きはもちろんですが、引っ越し先の水道、ガス、電気の開始手続きがされていないと不便な思いをします。止める手続きをする際に、同時に確認をし、手配すると良いでしょう。 その次にやることは、 住所変更、転出届、転入届などの役所関係の手続きです。引っ越しによって、県や市が変わる場合は、今まで住んでいた地域の市役所で転出届を出して、新しく移転する先の市役所で転入届を申請する必要があります。引っ越しをしてから14日目までに行う必要があるので、早めに済ませておくのが良いでしょう。 また、郵便局で郵便物の転送手続きをしておくと、1年間は旧住所あての郵便物等を新住所に転送してもらえるので、便利です。1年の間に届く郵便物を見て、随時必要な移転の連絡をかけることができます。 そして運転免許やパスポート、クレジットカードの住所変更や、会社への届け出など、やることが多く面倒ですが、怠ると面倒なことにもなりかねないので、きちんとやることは行いましょう。通勤、通学の人は定期券の変更、切り替えも必要です。

準備でやることの具体的な内容

プロバイダの引っ越し、または乗り換え

パソコン

引っ越しでやることのひとつに、プロバイダの引っ越し手続きがあります。プロバイダによっては、引っ越し日のタイミングできっちり回線が移行できるとは限りませんので、はやめに対応が必要です。そうでないと、ネットを利用したくてもできない期間ができてしまいます。 回線の引っ越し以外には、乗り換えという手段もあります。このプロバイダを乗り換えることで考えられるメリットやデメリットには、さまざまなものがありますが、メリットとして特に大きいのが、乗り換えキャンペーンなどでキャッシュバックなどの特典が受けられたり、ポイントがもらえたり、などということが挙げられるでしょう。また、かなり前に契約していた内容と比べて、新しく契約したほうが、回線速度が速くなったり、料金が安くなったり、などというメリットもあるかもしれません。 しかし、プロバイダを乗り換えることで起こるデメリットを考えると、なかなか乗り換える気になれない、という人も少なくないことでしょう。デメリットとして考えられる、最大のことは、乗り変えにかかる手間だといえるかもしれません。モデムをレンタルしていた場合には、返却する必要があるでしょうし、新たに設定しなおすのも、そういったことに詳しい人なら、それほど手間がかからないかもしれませんが、不慣れな人にとっては、かなりの労力を必要とすることでしょう。また、それ以外にも、メールアドレスが変わってしまうということに問題を感じている人が多いかもしれません。複数のサイトなどにアドレスを登録していると、その変更だけでもかなり大変だからです。

粗大ゴミ処理方法と家電リサイクル法の対象機器について

引っ越しの際には、粗大ごみが大量に発生することになり、その処分方法に悩んでしまう人も少なくないことでしょう。新生活が始まるのですから、引っ越し先に運ぶというのはできるだけ避けたいですよね。そのためにも、早めにやることリストに加えて、対処しておきましょう。粗大ごみを処分する方法には、いくつかあります。

ゴミ処分センター

まずは、 ごみ処分センターに自家用車で持ち込むという方法です。住んでいる場所によって、捨てに行く事ができるところがきまっていたり、持ち込めるごみの種類がきまっていることもあるので、事前に市報やインターネットのホームページ、または電話などで確認しておくことが大切です。せっかく、大量のごみを運んでいったのに、その施設では、金属類を扱っていない、などというケースもあるので、引っ越しで出たごみを、布製品や金属類、家具や家電などに分類しておいて、適切な場所へ持っていくことが大切です。

家電リサイクル法

ただし、家電リサイクル法によって、処分する際に手数料がかかってしまう家電もあるので、注意が必要です。一般的なものでは、エアコンや洗濯機、冷蔵庫やテレビなどには、処分するさいに一定の費用がかかってしまいます。

リサイクルショップ

リサイクルショップなどに持ち込むことで、買い取ってもらったり、無料でも引き取ってもらうことができれば、こういった料金を支払わずに処分することが可能となるケースもあるので、引っ越しで、不要なものが出た場合には、捨てるよりも、まずは、 リサイクルショップを検討することがおすすめです。 もし、せっかくリサイクルショップに持ち込んでも、引き取ってもらえないと、また持ち帰ることになってしまいますから、そのような場合には、まずは電話で確認することが大切です。リサイクルショップで引き取ることが可能なものは、需要があるかどうかに関わってきます。しかし、最近では、買取ではないものの、需要がないようなものであっても、無料で引き取ってくれるというリサイクルショップもありますので、お店の方針を確認しておくことも必要です。リサイクルショップのメリットは、ソファなどの家具や家電などをまとめて引き受けてくれる点にあるといえるでしょう。なかなかお店まで持ち込むことが難しい場合には、自宅に査定に来てくれることもあるので、ぜひ利用したいものです。見積もりは無料な場合がほとんどでしょうし、もし、買取であったり、引き取ってくれるような場合には、査定したその日に荷物を運びだしてくれるので、粗大ごみの処分や家電リサイクル法について頭を悩ましていたのが、一気に解決することにもなるでしょう。

冷蔵庫と洗濯機の水抜きの具体的なやり方

引っ越しをする際、冷蔵庫や洗濯機の水抜きをしていないと、移動時に水がポタポタと落ちてきて運搬に支障がでたり、新居にて床が水浸しになってしまうことがあります。そんなことが起こらないようにするためにも、引っ越し当日までには水抜きをしておく必要があります。忘れないようにしっかりと、やることリストに入れておきましょう。

冷蔵庫の水抜きのやり方

冷蔵庫

冷蔵庫の水抜きのやり方は、中にある食材などを全て取り出して空にしたら、引っ越しの1日前にはコンセントを抜いて霜取りをします。自動霜取り機能がついていない冷蔵庫は、霜が溶けるまで2~3日ほどかかり、大量の水が出てくる可能性があるため、タオルなどを下に敷いておくといいでしょう。自動製氷機や蒸発皿などに水が入っている場合は、その水も捨てておきます。

洗濯機の水抜きのやり方

洗濯機

洗濯機の水抜きのやり方は、まず蛇口を閉めて洗濯機のスタートボタンを押します。1分ほど回してから電源を切ると、給水ホースに溜まった水が洗濯槽に移動するので、給水ホースを外したら脱水を開始して内部の水を出します。最後に排水ホースを取り外せば洗濯機の水抜きは終了となるので、引っ越しの前日までにやっておくといいでしょう。 またドラム式洗濯機では、水抜きの方法がメーカーによって変わるので、取扱説明書をよく確認する必要があります。

引っ越し準備の体験談

免許証の引っ越し手続き

引っ越しをして、転居届けとか電気・ガスとかそういった、やることは言われなくても自分で「やらなくてはいけないな」と思った事でした。忘れていたのが「運転免許証の住所変更手続き」。うっかりしてました。警察署って普段あまり縁がないし、しかも平日しかやってないし、行くのにちょっとハードルが高くて。とはいえ、やらないといけないので、会社お休みをとって、手続きに行ってきました。悪い事してるわけでもないのに、なんだかドキドキしてしまったののは、なんででしょうね(笑)。 所詮手続きなんて、住民票と免許証が必要なくらいだったような気がします(すでに記憶があやふや)。そして免許証の裏側に新住所書いてもらって、「住所変更」かなんだかのハンコを押してもらって、って感じでしたかね。でも運転免許証は大事な身分証明書だし、忘れちゃいけない手続きですよね~。ちなみにその後厄介だったのは、例えばクレジットカードを作るときなど、運転免許証のコピーを提出しないといけませんが、そのときに普通だったら表面のみで大丈夫なのに、新しい住所は裏面に書いてあるから、表も裏もコピーが必要だったってことです。厄介ってほどのことでもないか(笑)。でも、その一手間のやることがめんどくさかったのデス。

引っ越しでやることと言えば、荷造り!

引っ越しでやることと言えば、荷造り。これをしなければ始まりませんよね。あ、でも、最近は業者さんに荷造りもお願いできちゃったりするんですっけ?楽ちんそうだけど、それってどうなんでしょう?本当にぜ~んぶお願いしちゃうのだったらアリかもしれませんが、現実的ではないような?多少は荷物整理した上で頼まなければならないでしょう。私など、その「自分で詰めるもの」と「お願いするもの」と分けるだけでも疲れそうな気がしてしまいます。それに、どんなベテランのスタッフさんであっても、初めて会う人ですものね。自分の荷物をどう扱ってほしいかなんて、100%正確に伝えられる訳がないじゃないですか。万が一してほしくないような扱いがされた状態を新居で発見したとしたら、かなりショックじゃないかな、なんて思ってしまうのです。 そんな訳で、私は自分で荷造りする派。もちろん、自分ですればその分の費用はかからないで済むということも重要ですけどね。しかし、自分でした場合、ついつい久しぶりに目にする思い出の品につかまってしまい「懐かしい~」って、やることを忘れて手が止まって・・・なんてことも起こりがち。時間に余裕があればそれはそれでいいですが、大抵、時間は限られてますからね、用心、用心。 でも、実は荷造り、嫌いじゃないです。あまりにも重い箱を作らないように、うまく中身を組み合わせることに燃えたりして、ちょっとパズル感覚で楽しんでるフシも。まー、これはし始めの内ですけどね。当日が迫ってきたら考えてるヒマもありませんよね!

運営サイトへのリンク

引っ越しに良い日
引っ越しに縁起の良い日。暦やカレンダーから吉日と日取りを選ぶ!

JR貨物 引っ越し
JR貨物で引っ越し。コンテナ便を使って、長距離の料金を安く!

引っ越し 荷物 保管
引っ越し荷物の一時保管なら、日通やヤマトのトランクルーム!

引っ越し ダンボール
引っ越しのダンボール。サイズ・数と入手方法|自分で梱包クラブ